ホームホーム > 医療関係者の方へ > 再生医療事業 > 肌再生治療(TE-SKIN)

肌再生治療(TE-SKIN)

「TE-SKIN」は当社グループ企業および医療機関で研究・開発された、ご自身の肌細胞を用いた最先端の美容医療です。

肌再生治療技術(TE-SKIN)は、株式会社TESホールディングス(当社グループ企業)および医療機関で独自に研究・開発された、患者様ご自身の肌細胞を注入する、最先端の美容医療です。 患者様ご自身の肌細胞を注入する治療法は、肌悩みを根本的に治療する美容医療技術として、米国ではすでにFDA*に認可されています。

TE-SKINは、衰えた肌細胞によるたるみやしわ、くすみなどの肌質改善を可能になる、画期的な治療法です。

*食品医薬局(米国における再生医療製品の規制省庁)

開発経緯

私たちの真皮層にある「肌細胞(真皮線維芽細胞)」は肌のハリやうるおいを保つのに必要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを産生する重要な役割を果たしています。しかし、肌細胞は紫外線や加齢などにより、衰え老化していき、それに伴い細胞活性も低下しコラーゲンの産生低下などからしわやたるみが引き起こされます。また、細胞自体の分裂能も衰えていくため細胞数も減少します。
当社が提供する肌再生治療技術(TE-SKIN)は、株式会社TESホールディングス(当社グループ企業)と提携医療機関により研究・開発された美容医療技術です。具体的には、患者様ご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を、シワやたるみなど肌悩みのある部分へ注入し、肌質改善をはかる技術です。

肌細胞の補充

肌細胞を注入する美容医療技術は、欧米諸国ではすでに古くから取り入れられている美容治療です。また、米国においてはFDAに認可されるなど、安全性・有効性に関しても信頼性が高い治療法です。
TE-SKINはTESグループの研究により独自開発され、他の肌細胞注入治療法と比較して安全性・有効性ともに改善されています。また、定着した細胞がゆっくりと時間をかけてハリ・つやを保つ成分を産生するため、自然な効果を求められる方や、長期的な肌質改善をのぞまれる方におすすめの治療法です。

ページトップへ戻る

特徴

TE-SKINの特徴

01長期間の持続効果
これまでの研究結果では、持続効果がおよそ2~3年といわれています。肌の悩みが改善され、老化速度を遅らせる動きがあります。
02安全性の確保
患者様ご自身の細胞と血清を使用するのでアレルギーや感染の心配がありません。
03若い頃の肌細胞を凍結保存
今の肌細胞を-196℃で凍結させることで、若い状態のまま半永久的い保管できます。肌の衰えが気になる時に、若い状態の肌細胞によって治療することができます。

TE-SKINは、患者様ご自身の真皮線維芽細胞を注入する、画期的な美容医療技術です。具体的には、患者様の真皮組織由来の細胞を体外で培養・増殖させ、一定量の元気な細胞を、再び肌悩みのある部分へと注入する治療法です。注入された細胞はコラーゲンやヒアルロン酸などを産生し、肌機能を改善するべく働きます。通常、他生物由来のヒアルロン酸などを注入すると、異物として認識され、最終的には体外へ排出されてしまいます。TE-SKINはご自身の細胞を注入するため、吸収されることなく、長期的で自然な効果が実現可能です。また、安全面に関しては、自己の細胞を注入するため拒絶反応はなく、厳正な品質管理のもと細胞培養され、安全・安心な治療法といえます。長期的な効果を実感されたい方、自然な効果を求めている方、他の動物由来の素材は避けたい方、また最先端の医療技術で治療を受けたい方は、当社提携医療機関までご相談ください。

ページトップへ戻る

適応箇所

TE-SKINはお顔のどこでも対応可能です。通常の注入療法で対応しきれない、「目の周り」「目のクマ」「首」などへの治療も可能となっています。

適応箇所

※注入量は、お顔の部位・範囲によって異なりますが、上表がおおよその目安です。

治療の流れ

TE-SKINの治療の流れ

TE-SKINでは肌細胞の定着率をあげるため、細胞の注入を2回にわけて行っています。治療は当社TE-SKIN提携医療機関にて受けられます。

当社は治療に関わる医療行為は一切行っておりません。また病理所見などの診療に関わるご質問にはお答えしかねますことを、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る