ホームホーム > 治療をご希望の方

治療をご希望の方

失った組織、機能を取り戻す。再生医療をもっと身近に。 「TE-BONE」および「TE-SKIN」は患者様ご自身の細胞を用いた最先端の医療技術です。

再生医療とは

再生医療は病気や事故により失われた身体の細胞、組織、器官の再生や機能の回復を目的とした医療です。例えば、やけど治療のための皮膚移植や、がん治療のための免疫細胞治療、また広義の意味では臓器移植も再生医療にあたります。

再生医療は現在、世界中で研究がなされており、特にiPS細胞やES細胞をはじめとした細胞を用いた治療に注目が集まっています。しかし、多くの研究は、未だ実用化されることなく、また患者様がいつ治療を受けられる状態になるのか分からないものが多いのも現状です。
当社はその中でも実用化につながる研究を臨床応用の場へとつなぎ、事業化することで、患者様へ治療を提供できるサポートをしております。

医療連携体制と当社の役割

民間の医療機関で再生医療を導入するには、先進技術の知見やノウハウ、培養士などの専門技術者、専用医療機器、施設、医療管理システムなど技術・資金面で多くの壁があります。 当社は、患者様が最寄の医療機関で最先端の再生医療治療を受けられるよう、各医療機関に技術やノウハウを提供し、医療連携のサポート支援を行うことで、ハード・ソフトの両面から再生医療治療を包括的に支援しています。

医療連携体制と当社の役割

当社では医療機関に技術・サービスを提供するにあたり、所定の講習および審査を行っております。また、各治療を実施している「提携医療機関」および「基盤提携医療機関」は、当社から認定を受けている医療機関のみとなっております。その他の医療機関で実施されている類似治療、サービスについては当社、および各提携医療機関には関係ございませんので、ご注意ください。

※当社では医療行為は一切行っておりません。
また、病理所見など診療に関するご質問にはお答えいたしかねますのであらかじめご了承ください。
その他のご質問に関しましては、お問い合わせフォームより承っております。

ページトップへ戻る

歯槽骨再生治療(TE-BONE)

「TE-BONE」は東京大学医科学研究所で研究・開発された、患者様ご自身の幹細胞を用いた、最先端の歯槽骨再生治療法です。

歯槽骨再生治療技術(TE-BONE)は、東京大学医科学研究所で研究・開発された新しい歯槽骨再生治療法です。この技術は、患者様ご自身の幹細胞を用いて骨を再生する、有効かつ患者様負担の少ない画期的な歯槽再生法として注目を集めています。

TE-BONE治療は、歯槽骨が痩せてしまっている患者様が安心してインプラント治療を受けることが可能になるため、患者様のQOL向上に貢献する技術です。

特徴

TE-BONEの特徴

01患者様の負担軽減
細胞の採取は外来で行うことができ、局所麻酔で行う30分ほどの処置です。また、骨化が早いので、従来の治療法に比べ施術期間が短縮されます。
02安全性の確保
患者様ご自身の細胞と血清を使用するのでアレルギーや感染の心配がありません。
03確実な骨再生
従来の骨補填材では成しえなかった、ご自身の骨を再生します。

歯科インプラントは、歯周病や事故等で失った歯を治療する優れた方法ですが、歯が欠損し、その土台となる骨(歯槽骨)が痩せてしまうと、インプラントによる治療が困難になってしまいます。TE-BONEは、患者様ご自身の細胞を用いた、歯槽骨再生治療法です。具体的には、患者様ご自身の骨髄由来幹細胞と人工骨材料から培養骨を作り、この培養骨を歯槽骨が不足している部分に移植して、歯槽骨を再生する治療法です。
従来の治療法と比較して、健康な組織を傷つける必要がなく、手術期間も短縮できるため、患者様の負担が少ない治療と言えます。また、自己の細胞を使うため拒絶反応は無く、治療後も自家骨移植と同程度の確かな効果が期待できます。歯槽骨が不足していてこれまでインプラント治療が受けられなかった方はもちろん、自家骨移植を避けたい方、他生物由来の骨材料を懸念される方、また最先端の医療技術で治療を受けたい方におすすめの治療法です。

治療の流れ

TE-BONEの治療の流れ

TE-BONEは医療連携のもと、当社の提携医療機関および基盤提携医療機関にて行われます。また、インフォームドコンセントをしっかりと行った上で、血液検査結果に異常がない方のみ、治療を受けることが可能となっています。

治療は全国のTE-BONE提携医療機関、およびTE-BONE基盤提携医療機関にて受けられます。また、当社では治療に関わる医療行為は一切行っておりません。病理所見などの診療に関わるご質問にはお答えしかねますことを、あらかじめご了承ください。

提携医療機関はコチラ

ページトップへ戻る

肌再生治療(TE-SKIN)

「TE-SKIN」は当社グループ企業および医療機関で研究・開発された、ご自身の肌細胞を用いた最先端の美容医療です。

肌再生治療技術(TE-SKIN)は、株式会社TESホールディングス(当社グループ企業)および医療機関で独自に研究・開発された、患者様ご自身の肌細胞を注入する、最先端の美容医療です。 患者様ご自身の肌細胞を注入する治療法は、肌悩みを根本的に治療する美容医療技術として、米国ではすでにFDA*に認可されています。

TE-SKINは、衰えた肌細胞によるたるみやしわ、くすみなどの肌質改善を可能になる、画期的な治療法です。

特徴

TE-SKINの特徴

01長期間の持続効果
これまでの研究結果では、持続効果がおよそ2~3年といわれています。肌の悩みが改善され、老化速度を遅らせる動きがあります。
02安全性の確保
患者様ご自身の細胞と血清を使用するのでアレルギーや感染の心配がありません。
03若い頃の肌細胞を凍結保存
今の肌細胞を-196℃で凍結させることで、若い状態のまま半永久的い保管できます。肌の衰えが気になる時に、若い状態の肌細胞によって治療することができます。

肌細胞の中でも真皮層にある細胞(真皮線維芽細胞)は紫外線や加齢などにより、衰え老化していきます。肌細胞が老化すると、細胞活性の低下とともにコラーゲンやヒアルロン酸など、お肌のハリ・つやを保つのに必要な成分も産生低下し、しわやたるみが引き起こされます。また、分裂能も衰えていくため細胞の数自体も減少します。
TE-SKINは、患者様ご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を用いた、画期的な美容医療技術です。具体的には、患者様の真皮組織由来の細胞を体外で培養・増殖させ、一定量の元気な細胞を、再び肌悩みのある部分へと注入する治療法です。注入された細胞はコラーゲンやヒアルロン酸などを産生し、肌機能を改善するべく働きます。また、ご自身の細胞なので、吸収されることなく、長期的に実感が得られます。安全面に関しては、自己の細胞を注入するため拒絶反応はなく、厳正な品質管理のもと細胞培養されるため、安全・安心な治療法といえます。また、ご自身の若い頃の肌細胞を凍結保存することで、いつでもお肌の悩みが気になるときに、若い頃の細胞を注入することができます。
長期的な効果を実感されたい方、自然な効果を求めている方、他の動物由来の素材は避けたい方、また最先端の医療技術で治療を受けたい方にオススメの治療法です。

治療の流れ

TE-SKINはお顔のどこでも対応可能です。通常の注入療法で対応しきれない、「目の周り」「目のクマ」「首」などへの治療も可能となっています。また、TE-SKINでは肌細胞の定着率をあげるため、細胞の注入を2回にわけて行っています。

※その他の治療部位に関しましては、担当医師にご相談ください。

施術部位

TE-SKINの治療の流れ

TE-SKINは医療連携のもと、当社の提携医療機関および基盤提携医療機関にて行われます。(改行なし)また、インフォームドコンセントをしっかりと行った上で、血液検査結果に異常がない方のみ、治療を受けることが可能となっています。

治療は全国のTE-BONE提携医療機関、およびTE-BONE基盤提携医療機関にて受けられます。また、当社では治療に関わる医療行為は一切行っておりません。病理所見などの診療に関わるご質問にはお答えしかねますことを、あらかじめご了承ください。

ページトップへ戻る